MATSUI Yoshihiko’s Film “THE NOISY REQUIEM” Digitally remastered

CAST & CREW


CAST

096

佐野和宏

1956年静岡県生まれ。明治大学在学中に松井良彦監督作品『錆びた缶空』で俳優としてデビュー。高校時代にラグビーで鍛えた見事な肉体が注目を集め、石井聰互氏の紹介によりガイラ作品に多く出演。その後、ピンク四天王と呼ばれた。


仲井まみ子

京都府生まれ。身長129センチ。手描き友禅の職人を経て料亭の仲居をやっている最中に、松井良彦に出会い、今回強引にキャスティングされる。これを機に自己表現に目覚め、性格、服装…が開放的になる。現在は、主婦として京都に住んでいる。著書に「映画が私を変えた 『追悼のざわめき』&小人症の妹」(2011年 アニカ刊)。


大須賀勇

1946年、広島県生まれ。大駱駝艦の中心メンバーとして活躍した後に、東アジア中近東を一年間舞踏行脚し、帰国。そのアジア的感性を背景に、白虎社を創業して現在に至る。篠田正浩監督『卑弥呼』など映画出演、また舞台文化誌「激しい季節」の執筆編集、「読売新聞」連載、「文芸春秋」「美術手帖」「アトリエ」「「毎日グラフ」執筆など幅広い活動経歴を持つ。日本文化デザイン会議会員。


村田友紀子

1974年生まれ。撮影当時は10歳。モデル事務所に所属し殖産産業、ジャノメミシンなどのCMに出演していた。月刊「デビュー」誌などで公募された『追悼のざわめき』少女役オーディションに応募、その不思議な清純さとカメラの前でも動じないしなやかさを理由に、少女役を射止める。


隈井士門

1963年、神奈川県生まれ。5歳より名古屋に住む。中学3年のとき『スター・ウォーズ』を観て第9作に出ようと芝居を始める。大阪市立大学文学部心理学科に入学。演劇部に入る。その後劇団日本維新派に参加。1985年、梅田コンテナ跡地における「月光のシャドーボール」に初出演。「十五少年探偵団・ドガジャガドンドン」他、6公演に出演。
現在は俳優業の傍ら、反原発の活動を行っている。


 

CREW

matsui▲2007年『どこに行くの?』撮影時

matui_tsuito
▲1984年『追悼のざわめき』撮影時

松井良彦

1956年、兵庫県生まれ。
石井岳龍(旧名・聰亙)監督作品のスタッフを務めたのち、1979年に処女作「錆びた缶空」を監督。ホモセクシュアルの三角関係を描いた本作は、ぴあ誌主催のオフシアター・フィルム・フェスティヴァル(現・PFF)に入選。一部に熱狂的なファンを持つ、“カルト・ムーヴィー”の草分け的存在となる。大島渚、寺山修司らの支持を受けた。
第二作「豚鶏心中」(81)は、在日韓国人の男女の愛と、差別による別れを鮮烈に描いた。公開は、寺山修司の天井桟敷館で長期間のロードショーとなった。
第三作「追悼のざわめき」(88)は、脚本を読んだ寺山修司に「映画になったら事件だね」と言わしめ、数年がかりの製作ののちに公開。上映をしたほとんどの映画館で観客動員記録を打ちたて、現在も毎年、東京や関西で上映をされている。
完成当時、数ヶ国の映画祭に出品が決定していたにもかかわらず、そのすべてで上映禁止となるも、10年後の98年には、ドイツやデンマーク、ノルウェイの7都市で上映をされ、好評を博した。2007年には、デジタルリマスター版を完成させ、再度の国内上映と海外各国でも上映をされ、現在も国内外からの上映依頼を受けつづけ、独立プロ作品としては異例の全作品が収益を上げている。
第四作「どこに行くの?」(2007)は、第30回モスクワ国際映画祭正式招待作品(パースペクティヴ・コンペティション部門)に選ばれ、ドイツやクロアチアでも上映をされた。

日本映画監督協会会員(国際委員会委員)
日本アカデミー賞協会会員

Yoshihiko MATSUI Movie Director

MATSUI’s debut film, “RUSTY EMPTY CAN (Japanese name : SABITA KANKARA)” (1979), was photographed by Sogo ISHII ; nonetheless the film turned out to be a serious and emotionally painful one unlike ISHII’s speedy roller-coaster movies. The film which depicts a homosexual relationship was success at the many film festival held in Japan.
“RUSTY EMPTY CAN” is still shown at theaters today as it has become the pioneer of cult movies with devoted fans and approval from Nagisa OSHIMA and Shuji TERAYAMA.
MATSUI shot his second film, “PIG-CHICKEN SUICIDE (Japanese name : TONKEI SHINJU)” (1981). This film depicts two Koreans living in Japan and their love which is torn apart due to racial discrimination. The film was kindly given the opportunity of a long-run showing at Shuji TERAYAMA’s theater, “Tenjo-Sajiki-kan”.
In 1983, MATSUI started to shoot “THE NOISY REQUIEM (Japanese name : TSUITOU NO ZAWAMEKI)”— a movie which was thought to be impossible to shoot and as Shuji TERAYAMA commented, “would be a scandal if made into a movie”.
However, the selection for a suitable cast and location did not go smoothly and thus the shooting was delayed till the next summer. The film was finally released on the 26th of May, 1988, breaking the record of the number of audience at most theaters. Yet the number of viewers shows no declination.
MATSUI’s production has been able to pay for all expenses with the success of all films. This is very uncommon for an independent film production.
Although the film was scheduled to be shown at festivals in various countries, unfortunately, it was banned at all places. However, ten years later in 1998, the film was shown in seven cities including GERMANY and NORWAY, DENMARK with favorable reviews.
In 2007, completed a movie “THE NOISY REQUIEM / DIGITALLY REMASTERED” and carried out again the exhibition nationwide. And even screening in second GERMANY and HONG KONG, AUSTRALIA were shown. This film continue receiving the screening request from the foreign countries now.
His fourth film, “Where are we going ? (Japanese name : DOKO NI IKUNO?) ”(2007) was decided on The 30th Moscow International Film Festival in 2008 (The Perspectives Competition) official invitation work. It was shown afterwards in GERMANY and CROATIA. And he is writing a new film screenplay now.

A member of “Directors Guild of Japan” (A member of the international committee)
A member of “JAPAN ACADEMY PRIZE ASSOCIATION”