kenpo2016l
▲PDFファイル(約2.3MB)

このシンポジウムは、戦争法(安保法制)が施行された今の状況の中で、映画監督はどのように時代と対峙し、何を考え、何をすべきなのかをテーマに、独自の世界観をもつ映画監督たちが、日本国憲法についてディベートをかわします。また、ジャン・ユンカーマン監督作品「映画 日本国憲法」が上映されます。

【パネラー】(50音順)
荒井晴彦(脚本家、映画監督)、小栗康平(映画監督)、ジャン・ユンカーマン(映画監督)、野中章弘(ジャーナリスト、早稲田大学教授)、堀切さとみ(ドキュメンタリー映像作家)、松井良彦(映画監督)
【司会】
小中和哉(映画監督)

【タイムテーブル】
12:30 開場
13:00 主催者挨拶(仲倉重郎、野中章弘)
13:10  「映画 日本国憲法」上映
14:30 休憩
14:45 シンポジウム「映画監督と時代」
17:00 会場の観客との質疑応答
17:30 終了予定

日程: 2016年5月22日(日)
料金: 無料
会場: 早稲田大学 大隈小講堂 (東京)
お問合せ:090-2648-6978  (仲倉)

 

The symposium “Movie Director and The Times / Movie directors talk about a movie and the times. (Translating a meaning into English)”
In the present situation of Japan that the war law was enforced, movie directors with the view of the world of the original movie debate about what the movie director should do now. With the screening of the director John Junkerman work “Eiga, Nihonkoku kenpo (ja)”.

【Panelists】
Haruhiko Arai (scriptwriter, movie director), Kohei Oguri (movie director), John Junkerman (movie director), Akihiro Nonaka (journalist, professor of Waseda University), Satomi Horikiri (movie director of documentary), Yoshihiko Matsui (movie director).
【Chairmanship】
Kazuya Konaka (movie director)

【Time table】
12:30  The opening
13:00  Opening greetings (Shigeo Nakakura, Akihiro Nonaka)
13:10  The screening of “Eiga, Nihonkoku kenpo (ja)”
14:30  Break
14:45  The symposium “Movie Director and The Times”
17:00  Questions and answers with the audience
17:30  The end

Date :  2016, May 22 (Sun)
Charge  :  Free
Place  :  Okuma Small Auditorium at  Waseda University (Tokyo)